スマホデビューへの道

スマホをこれから購入したいと思っている方は分からない事も多いと思います。本当に私でも使いこなせるの?契約に必要な物って何なの?おすすめのスマホは?など、スマホマンが疑問に応えます。

0円と言いつつ、なぜ0円じゃない?実質0円、一括0円について
 

スマホの0円について詳しくご紹介

最近ときどきニュースになっているのが

「解約しようとしたら機種代金がかかるって言われた。
契約の時には0円って言ってたのにどういうこと!?」

というものです。
これはスマホの契約の時にもとても大事なポイントのひとつです。
このスマホ0円について、詳しくご紹介したいと思います。

 

スマホ0円には2種類ある!

最初にまとめからお伝えすると、スマホの0円には大きく2種類あります。

・一括0円
・実質0円

です。 これは一見両方とも0円なんですが、意味が大きく違っています。

まずは一括ゼロ円についてです。
これは、スマホの本体代金が丸ごと0円になるものです。

スマホ一括0円

理由として主なものは、旧在庫の処分のためです。
新しいモデルが出るので、以前のモデルは0円にしますという感じです。
今のスマホ業界はとても移り変わりが激しいので、古いスマホはすぐに売り切っていく必要があるんです。

 

実質0円について

次に実質0円についてです。
これは「実質」という言葉からも分かるように、本当はスマホの本体代金は0円ではありません。
ですが、「割引が入ることによって、トータルで見れば0円でしょ」というものです。

スマホ実質0円

上の例を見て欲しいのですが、スマホが36,000円したとします。
スマホは通常2年(24ヶ月)契約です。
36,000円を24ヶ月で割ると1,500円になります。
これが毎月の機種代金です。

ですが、ケータイキャリアは基本これと同じ額の割引を付けますよという形になっていることが多いです。
この場合は1,500円の割引があることになります。

そうすると、機種代金が割引で相殺されて、0円になります。
これが「実質0円」です

 

実質0円に注意!

ここで気を付けないといけないのは、実質0円の方です。
クレームになることも割とあるので、きちんと分かっておく必要があるものです。

解約すると、そのスマホは使わなくなりますが、スマホの本体は分割払いで購入したことになっています。
つまり、解約しても分割の残りは支払わないといけないんです。
割引が適用されているのは「契約期間中」で、途中で解約した時には割引がなくなります。

スマホの割引料金

つまり、解約をしても機種代金だけは毎月支払わないといけないんです。
ケータイ販売スタッフもこれについてきちんと説明してくれる方もいますが、けっこうさっと説明してしまう方もいますし、意外と分かりにくいので、軽く説明されるとあまり理解できないまま契約してしまうということもあります。

なので、十分に気を付ける必要があります。
ただ、2年間の途中で解約の可能性がある方は注意する必要がありますが、続けて使う予定の方はあまり気にする必要はありません。
長く使う予定なら0円には変わりないので、安心してくださいね。

 

比較的新しいスマホが一括0円になることが

スマホはケータイショップや家電量販店で購入することができます。
時々比較的新しいスマホを一括0円で購入できるキャンペーンがやってたりします。

スマホの月額の違い

実質0円だと機種代と割引が相殺されますが、一括0円の場合は機種代がなくなります。
割引はパケット代に適用になるので、さらに安くスマホを持つことができます。
これはタイミングなどにもよるので、ショップなどに確認するのが良いと思います。
ショップによってキャンペーンも異なります。

これは運によるところもあるので、自分に合ったキャンペーンがやってたらラッキーくらいに考えてみてくださいね。

 

実質0円、一括0円はよく理解しておこう

実質0円、一括0円はスマホの料金の仕組みの中でも一番ややこしい部分です。
一度分かってしまえば特に何もないんですが、初心者の方は勘違いしてしまいやすいので気をつけておきましょう。
分からなかったら販売しているスタッフの方にしっかり聞くのが良いですよ。
納得してから契約をしてくださいね。