スマホデビューへの道

スマホをこれから購入したいと思っている方は分からない事も多いと思います。本当に私でも使いこなせるの?契約に必要な物って何なの?おすすめのスマホは?など、スマホマンが疑問に応えます。

最近話題のワイモバイルってどうなの?Aエリア、繋がりやすさについて
 

ワイモバイルの電波はソフトバンクと同じ

「ワイモバイルって、興味あるけどエリアとか繋がりやすさとかどうなの?
安くてもつながりが悪かったら困るなー」
と思っている方もいるかもしれません。

ワイモバイルのエリアや繋がりやすさは実はソフトバンクと同じです。
なので、キホンは安心して使える品質になってます。
でも、「なんでソフトバンク?」という方もいるかもしれないので、その理由についてお伝えしていきます。

 

ワイモバイルがソフトバンクエリアのワケ

ワイモバイルの仕組み

ワイモバイルはウィルコムとイーモバイルがソフトバンクグループに買収されてできたケータイキャリアです。
なので、母体はソフトバンクなんです。
ワイモバイルはソフトバンクから電波を提供されて運営されています。

 

繋がりやすさは特に問題ない

ケータイキャリアのエリアもどのキャリアが繋がりやすい、繋がりにくいという話が出ることもあります。
ですが、最近はあまり騒がれなくなったような感じもします。
ドコモ、au、ソフトバンクな日本全国をほぼカバーしているので、相当な山奥でない限りは繋がると思って良いと思います。
音質も特に問題ナシ。

低価格でスマホを使えることを考えると、満足のいくレベルの内容だと思います。

以前はイーモバイルもウィルコムも、自分の電波を持っていました。
そして、その電波の対応エリアが少し狭いことから
「ワイモバイルも対応エリアって狭いのでは??」
という疑問を持つ方がいるんだと思います。

でも、今はソフトバンクの電波に切り替わっているので、特に問題なく使える品質になっています。

ワイモバイルの電波、エリアについて
 

実際の繋がりやすさの感想

スマホマンも、ワイモバイルのNEXUS5という機種を使用したことがあります。
使用した感想としては、「ふつうのスマホ」という感じでした。
これだといいとこがないような言い方になってる気がしますが(笑)

低価格でちゃんとスマホとしての機能がスムーズに使えて、しかも安い、という印象です。
もちろんiPhoneの方がお洒落だと思いますし、他にも良いスマホは沢山あると思います。
でも、値段と性能を考えると、割とバランスの良いスマホじゃないかなーと思います。

つながりも特に気になることはありませんでした。
スマホマンは関西の街中で主に使ってますが、郊外の街中とかでもちゃんと繋がりますし、音質も特に問題ないと思ってます。
「普通に使えるスマホを安く持ちたい」そんな方には良いスマホだと思います。

イメージとしては海外パソコンのようなイメージですね。
ムダなものは入ってない代わりに安いし、性能はしっかりしているという感じです。

 

PHSのエリアは自然の多い地域では繋がらないところも

ちなみに、ここではスマホの話をメインにしていますが、ワイモバイルではPHSも取り扱いしています。
PHSは通話がメインの携帯で、その分安さ重視にしている商品です。
PHSに関しては、以前からのウィルコムの電波を使っているので、地下や街中から離れた自然の多い地域では繋がらない可能性があります。

一応参考にお伝えしておきます。
スマホを検討している方は気にしなくて良いです。

 

スマホの対応エリアをご紹介

2015年10月現在、ワイモバイルのホームページで対応エリアを確認してみました。

ワイモバイルの関東の対応エリア ワイモバイルの関西の対応エリア ワイモバイルの九州の対応エリア

緑の所は対応エリア外ですが、よく見ると山岳部がほとんどなので、日本全域ほぼカバーと言って良いと思います。
心配な方はワイモバイルのエリア確認ページ
http://www.ymobile.jp/area/index.html
で確認してみてくださいね。

ワイモバイルのエリア確認ページ

考えている端末があればその端末でのエリアも確認できますし、あなたの住所をピンポイントでチェックすることもできます。

 

エリアや繋がりやすさのまとめ

このようにワイモバイルのエリアは、ソフトバンクエリアなので対応エリア、繋がりやすさ共に大丈夫。
実際の使用感としても問題ないレベルと言えます。
検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!