スマホデビューへの道

スマホをこれから購入したいと思っている方は分からない事も多いと思います。本当に私でも使いこなせるの?契約に必要な物って何なの?おすすめのスマホは?など、スマホマンが疑問に応えます。

スマホの通信規格について。3G、4G、LTE、VoLTEとか、一体なんなの?
 

スマホの通信規格について

スマホを使いたいなと思って色んなケータイキャリアのカタログや情報を見ていると、至る所で見かけるのが4GやLTEという言葉です。
最近はVoLTEといった言葉もあります。

一体これってなんなの??

と、疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは通信規格の名前です。

 

インターネットを例にしてみる

インターネットで考えてみると分かりやすいかもしれません。
インターネットは昔からご存知の方は聞いたことがある方も多いと思いますが、

ダイヤルアップ→ADSL→光ファイバー

という形で、より早い通信ができますという通信規格が開発されてきました。

これと同じでスマホのネットの通信も改善されていて、

3G→4G、LTE

という流れになっています。
(VoLTEに関してはあとで説明します)

3Gや4Gの「G」はGeneration(ジェネレーション:世代)
という意味です。
最近色んな所で第○世代のような言い方をしますが、これと同じ感覚です。
少し前までスマホで使われていた通信規格が第3世代の3Gです。
それに代わって新しく普及してきたのが第4世代の4Gというものなんです。

3Gや4Gにも種類がある。
3Gや4Gというのは、色んな種類の電波のグループ名です。
3Gのグループにいくつかの種類の電波が属していて、4Gも同じように電波が集まったグループになっています。

3G ・W-CDMA ドコモ「FOMA」 ソフトバンク   ・CDMA2000 au
一応4G ・LTE (別名FDD-LTE) (3.9G) ドコモ「Xi」 ソフトバンク「SoftBank 4G LTE」 au「4G LTE」   ・HSPA+ (3.5G) :ソフトバンク「ULTRA SPEED」   ・AXGP(別名TD-LTE) (3.9G) ソフトバンク「4G」   ・WiMAX (3.9G) au「WiMAX」
4G ・LTE-Advanced ドコモ「PREMIUM 4G」   ・WiMAX2 au「WiMAX2+」  
5G (2020年スタート予定) ・LTE-Advanced Evolution (通称LTE-B)   ・LTE-X

見慣れた名前が並んでいると思いますが、W-CDMAやらLTEというのが電波の名前です。
その電波を使った各ケータイキャリアのサービス名が、「FOMA」や「プラチナバンド」といったものになります。

 

3Gからの通信規格の歩みをご紹介

スマホも初期の頃のものは、3Gの電波のみが使われていました。
そこから通話だけでなくネットでの大きなデータの通信にも対応できる電波として登場したのがLTEなどの電波です。
表で言う、「一応4G」の電波です。
これをドコモ、au、ソフトバンクなどの各ケータイキャリアは、3Gの次世代の電波として「4G」と呼んでサービスを展開していました。

ですが、世界的に決められている基準では、LTEやWiMAXといった電波は4Gの基準を満たしていません。
ケータイキャリアが、より品質が良くなった新しいサービスとして4Gをうたっているだけで、実際は3Gと4Gの間に当たる電波となっています。

ドコモのプレミアム4G

そして、正真正銘4Gの基準を満たしている電波を使っているサービスが最近登場してきました。
2015年3月からドコモが展開している「PREMIUM 4G」です。
これはLTE-Advancedという種類の電波を使っています。
また、auが展開している「WiMAX2+」も4Gの基準を満たしています。

 

電波って、何が違うの?

「3Gより4Gの方が良いのは分かった。
でも、一体何が良いの?」
という方もいると思いますが、これは「速さ」です。

「スマホのネットが遅い!」

って、よく言ったりすると思うんですが、4Gなどではこの速さが改善されています。

速さは「Mbps(メガビーピーエス)」という単位で表わされて、通信速度と呼ばれてます。
例えば「75Mbps」なら、「75MBのデータを1秒で受信できます」っていう意味です。

ドコモのXi(クロッシィ)は最初75Mbpsというスピードでしたが、サービスが普及するにつれ、112.5Mbpsに改善されました。
そこからPREMIUM 4Gになって225Mbpsになって、2015年10月からは262.5Mbpsになりました。

ちなみに3Gの速さはドコモのFOMAで14Mbpsとなっています。

つまり、3Gに比べて4Gは、めちゃくちゃ速くなっているということです(笑)

 

通信速度は実際の速度と違う

「人は潜在能力を秘めている。
しかし普段、人はそのMAXの1割も出していない」

マンガなどでこんなフレーズがあると思います(笑)
スマホの通信速度も、これと似た所があります。
225Mbpsと言っても、これは限界のマックスで出た時の速さで、実際のスピードはここまで出ません。

スマホマンは2015年現在ソフトバンクのiPhone5Sを使っています。
これで実際のスピードを測ってみました。
ソフトバンクのiPhone5Sは「SoftBank 4G LTE」の75Mbpsに対応していますが、これで無料の測定アプリで測定してみると、

ダウンロード速度:10.8Mbps
アップロード速度:24Mbps

という感じでした。 ダウンロードはスマホにデータを入れる時のスピード、
アップロードはブログなどに自分のスマホから写真をアップする時のスピードです。

このアプリはiPhoneの方は、「スピードテスト」と検索すると出てきて、回線速度チェッカーという無料アプリです。
一回試してみるのも面白いと思います。
測定の結果はバラつきがあるので、何度かやってみると良いですよ。

 

VoLTEって何なの??

最近もうひとつよく聞くのが、「VoLTE」っていうものです。
これはボルテと読みます。

スマホで主に活用する用途として、電話とネットがあります。
電話とネットは別の性質があり、3Gは音声にも対応できる電波ですが4Gや一応4Gの位置づけになっている電波は音声通話には適していませんでした。

これをLTEの電波で電話ができるように改善した技術がVoLTEです。
今までは

という感じだったのが、

という感じで通話とネットが両方使えるようになったのです。

両方を切り替えなしで使えることで、

・切り替え時に生じるラグがなくなる
・よりクリアな音質に
・ケータイキャリアもひとつの電波で良いのでコスト削減になる

というメリットがあります。

 

実際に購入する時には

こうした形で通信規格というものがありますが、実際にスマホを購入するときには、あまり難しく考えなくて良いです(笑)

通信速度で考えるのは262.5Mbpsなどの速さの数字だけ!
字が大きい方が速くて良い

というシンプルな答えになります(笑)

通信規格などの話は、マメ知識として覚えておいてくださいね。