スマホデビューへの道

スマホをこれから購入したいと思っている方は分からない事も多いと思います。本当に私でも使いこなせるの?契約に必要な物って何なの?おすすめのスマホは?など、スマホマンが疑問に応えます。

スマホの必需品、モバイルバッテリーの選び方
 

スマホのお供にモバイルバッテリー

スマホには様々な周辺機器がありますが、その中でも最近よく使う方が多いものとして、モバイルバッテリーがあります。
スマホのバッテリーが減ってきた時にどこでも充電ができるもので、スマホを1日の中でよく使う方にとってはまさになくてはならないものと言えます。

ただ、最初に選ぶ時にはどうやって選べば良いか分からないことも多いです。
ここではモバイルバッテリーの選び方についてご紹介していきます。

 

まずは自分のスマホのバッテリーを知ろう

モバイルバッテリーを選ぶ準備として、まずはお持ちのスマホのバッテリー容量をチェックします。

お持ちの機種のスペックをネットでチェックします。
ここでは例として、Xperia Z5という機種を確認してみます。
「Xperia Z5 スペック」や「Xperia Z5 バッテリー容量」と検索すると出てきます。

スマホのバッテリー容量

上のようにスペックを確認することができます。
この場合は、3430mAh(ミリアンペアと読みます)
という数字だと分かりました。

これは、「電気を3430だけ貯められるバッテリーです」というイメージです。

これが分かったら次にモバイルバッテリーを選んでいきます。

 

モバイルバッテリーの容量を確認する

写真はスマホマンが持っているモバイルバッテリーですが、5200mAhと記載があります。
このバッテリーは5200の電気が貯められて充電できるという意味です。
また、新品を購入する時には必ず目立つ所にこの数字があるはずです。

モバイルバッテリーの容量

先ほどのスマホのバッテリーは3430でした。
つまり、5200の電気があれば、スマホの充電がゼロになっても、十分に満タン充電ができるということになります。
バッテリーの5200の数字がもっと大きければ、もっとたくさん充電できます。
小さければ、あまり充電はできません。

一般的に充電量が大きいほど値段も上がるので、ここはあなたの用途や予算によって決めるという感じになります。
基本はこれでモバイルバッテリーが選べるようになります

 

サイズも大事なポイント

モバイルバッテリーのサイズ

モバイルバッテリーは持ち運びで使えるバッテリーなので、基本はカバンに入れて持ち運んで使います。
つまり、よりコンパクトな方が助かります。
スマホマンのバッテリーは少し前のものなので、ちょっとかさばるなっていう気もします(笑)

充電量が大きいとそれだけサイズも大きくなりやすいです。
でも、最近はより技術が向上して、コンパクトなものも増えてます。
なるべく使いやすそうなものを選ぶと良いと思います。
最近はカラーや仕上げなんかもオシャレなものが増えてますよ。

充電は上の図のように、バッテリーをお持ちのケーブルで繋いで充電します。
もちろん充電しながらスマホを操作することもできます。

 

バッテリーの仕様・使い方について

モバイルバッテリーは基本的にアウト(OUT)とイン(IN)という二つの差し込み口があります。

モバイルバッテリーの差し込み口

これがアウトです。
これはバッテリーからスマホに電気を送り出す(アウトプット)ための口になります。
2つ差し込み口がありますが、これは一度に二つのスマホなどを充電できる作りになっています。
これはバッテリーによって違います。

モバイルバッテリーの充電口

これはインの方です。
バッテリー自体を充電する時にはこのインの方にケーブルを繋いで充電します。
充電した分だけ、スマホにも充電できるっていうことになります。

 

基本は容量、サイズ、デザイン!

以上がモバイルバッテリーの選び方です。
基本的には容量、サイズ、デザインに注目して選べば、あなたにベストなバッテリーを選ぶことができます。
ぜひ参考にしてあなたに合ったモバイルバッテリーを選んでみてくださいね。